不思議

突然に私の頬に雨が降る 過日に捨てた夢の破片だ

セイハロー、天国に向けセイハロー、そろそろ着いた頃だと思う

優しさはこころの果実と心得て熟れたらそっと左手でもぐ

北風に怯えた日々もあったけどジャズのリズムで乗り越えてみて

あたたかさだけが正しいわけじゃない 気づきを与えてくれる冷たさ

棘や毒、牙よりもっと怖いのは言葉という名のヒトの劇薬

被害者が誰だか既にわからない 犠牲者たちがくぐる正門

この夜がずっと続けばいいのにな ヒカリはヒトを狂わせるから

背中から羽が生えたはいいけれど満員電車に乗れなくなった

るいしてあ 魔法の言葉 るいしてあ 影を縛って動けなくする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です