静脈

1 ハミングをしても針に糸を通してもまだ永遠を編めないでいる 2 電車とは走る棺かもしれない 祈りを添えて朝が生まれる 3 眼球にきみが映ると寂しくて瞬きするの忘れてしまう 4 選択をしなかったほうの道にだけ咲く花がある […]

落涙よ花の色まで連れ去って 桜こそ刹那を示す道しるべ しゃぼん玉割れてこそ世の儚さよ なにもかも巡るさだめか花風よ 陽炎がときめき立って犬吠える

四月馬鹿

1 遊びではなかったと知り組んだ手がほどけなくなる児戯プレイング 2 結ばれず熟れゆく月が溶けるときうさぎの声でるるらと叫ぶ 3 きみはきみだけを信じていればいいなんて嘘なら私がついた 4 懐メロを口ずさむ私のとなりで壊 […]

ゆれる

1 ゆれるゆれるゆれるゆれるゆれる(存在をさせていただいております) 2 おくすりをもらいにゆく日許可されてもう一ヶ月生き延びてみる 3 八月は今も苦手だ終わるとき左手首が疼いてしまう 4 あなたこそ雨 と走り書きされた […]

春変

寝ぼけた顔して 幼い唇でぽろぽろと 退廃的なことを言うの 春だというのに 心臓くり抜くような 我儘ばかり振り撒くの きみは冬に眠っていたかったんだろうね 魚のような目をして 灰色の空を見ている 饐えた風の手土産を 嬉しそ […]