傘を持たない人

雨の日に傘を持たない人は もれなく優しい人でしょう 降り注ぐ雫に身を預けながら 微笑みを知る強い人でしょう 雨の日に傘を持たない人は もしも誰かの物語のなかで 誰かが死んでしまったならば 祈ることができる人でしょう その […]

四月馬鹿

1 遊びではなかったと知り組んだ手がほどけなくなる児戯プレイング 2 結ばれず熟れゆく月が溶けるときうさぎの声でるるらと叫ぶ 3 きみはきみだけを信じていればいいなんて嘘なら私がついた 4 懐メロを口ずさむ私のとなりで壊 […]

コバルトブルーの夕暮れに凪いだ点 立ちくらみすれば許される気がして あなたもあなたもあなたも当然に点 染みといっても差し支えないだろう 真っ白なシーツを私が敷いたはずの 純然たる欠点といってもいいだろう あなたが目を閉じ […]

加工

1 スカートを揺らす花風 死んだってAIがいるからもう大丈夫 2 「新宿で人身事故が起きました」他人事としてアプリを閉じる 3 パスポート渡航予定に天国と書けば窓口のひとが微笑む 4 Facebook 亡き人の誕生日 あ […]

三日月

1 曇天を割って光ったスマホには返事の返事みたいのが来る 2 触れた舌すら体温をいつの日か失うことがこんなにこわい 3 ペーストをしたら見たことない星座が春のシーツにるんと生まれた 4 三日月が目薬の邪魔になるから毎回口 […]

バランス

1 遠雷を聞くコンビニのイートインぬるいうどんが今はおいしい 2 忘れ物しか忘れずに生きてきたからノーベル賞をもらってもいい 3 生まれ変わったらシーソーのまんなかでバランスをとる名人になる 4 名を呼ばれても振り向かず […]

他人事

1 ステータス「どく」のまんまで日の入りを待っている道もう歩けない 2 春雷に傘はいらないもう少しだけ罪人でいさせてほしい 3 傘さして雨粒にさえ拒まれて骨になるまでひとりでいたい 4 焼きたてのパンをちぎってくれたから […]

ピンク

たぶん、と前置きしてきみはいう。 桜が満開になったら、綻びは繰り返すと思うんだよ、なんて。 近所のかりんの花が咲き始めて、若葉の隙間から鮮やかなピンクを覗かせているけれど、私はあの色があまり得意じゃないの。 それはよかっ […]

開花宣言宣言

値札さえ与えられず 都合の悪さを携えて 焼きたてのパンのことを考えている 春、魔物を産んでしまったから 古アパートでほどけた安い自我が フリースタイルで追われ果てた ずっと笑っていたのが私で そばで泣いていたのが私で 逆 […]