1

あなたから借りた詩集を開けずにうずくまってる金曜の午後

2

蝶々の不規則な軌道を追ううちやがてあなたにぶつかる視線

3

陽光のあたる窓辺でふたりして黙って揺れる雷を待つ

4

「深呼吸したほうがいい顔色があまりよくない」あなたのせいだ

5

にわか雨に打たれ落ちてくクロアゲハより美しいあなたの静脈

6

人びとはすでに桜を忘れたと憂うあなたの残り香をかぐ

7

爪を噛む癖が治らずそれでもいいとあなたは笑う

8

同じ場所が疼くがゆえにわたしたち傷を寄せあい存在してる

9

伸びすぎた前髪をすく仕草まで私を襲うそれであるかと

10

横顔が一番好きと言われたら横にいるしかないんじゃないの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です