喫茶店

1

汗をかくグラスに遺るきみのあと たった二文字が言えなかった

2

頬杖をついて見つめる先にいる大きな蝿にさえ嫉妬する

3

本当は左利きだと知ってたらきみのひだりを支配したのに

4

曇天が晴れ空に化け何事もなかったようにきみは去ってく

5

元どおりになるものなど何ひとつないならいっそ全部壊して

6

氷まで食べてしまえるきみだから冷えたこころで生きてるんだね

7

右を見て左を見てまた右を見てそのうちめまいで倒れてしまう

8

アイスティーおひとつでほんとにいいですか初めから冷えきっていますが

9

ポリシーは「一日いちプリン」だと誇るきみのダイエット計画

10

寝る前に「ねえどうだった?」と聞くきみの自信のなさが実は愛しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です