1

「飛べるはず」から「はず」だけが剥がれ落ち中央線の線路見つめる

2

他人事として過ぎてゆくカタコトン線路の温度に気づかずコトン

3

ふたりして夜に食べられそれからは街灯の蛾にさえ怯えて踊る

4

もし5月に雪が降ったらきみだけが正しかったと思い知れ、街

5

コンビニで値引きされている命をタイムセールでなんとか留める

6

借りたまま返し損ねたパックマンいまだ全クリしてない青春

7

ホームから手を振るきみの内側で手を振るひとは誰なんだろう

8

穏やかな街に咲いてるすずらんを花言葉ごときみは燃やした

9

この街にマニュアルがもしあるのなら【僕ら以外の】ひとにやさしく

10

流行歌ひとつも知らず歩いてるそれだけでもう生きづらい場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です