光の粒

1
私は昔小さな羽虫で
あなたのベッドの裏についてた
のたうちまわるあなたのため
そっそそっそとへばりついてた
不機嫌なあなたの指で
潰されてしまったけれど

2
私は昔生意気なチャトラ猫で
あなたの眠れない夜によく
あなたの唇がそれ以上湿らないよう
窓の下でごろごろみゃんと鳴いてた
朝に怯えるあなたにはただ
ぎろりと睨まれてしまったけれど

3
私は昔おんぼろつり橋の欄干で
あなたがふらふら歩いてゆくのを
ハラハラして見守りながら
あなたの決意を邪魔し続けた
あなたの瞳はどこまでも
空虚に吸われていたけれど

4
私は今あなたの横にいて
同じソファーで揺れている
あなたは生きることが苦しいと
私の首に手をかけてくれるから
私は愚かに従属してみせるのだ
すぐにまた逢えるだろうから

5
青空ばかりを映すテレビをください

6
あなたがソファーで見た夢の中で
私は笑っていましたか
それならばいいのです

7
そんなに傷つけたいか
間違いなく弱さだ

8
とある日たぶん夏の日に
遮断機の向こうに姿を見つけても
決して声をかけないで
知らない者どうしとして
あのはしごをのぼりましょう

9
青い花がみたい

10
私はやがて光の粒になって
あなたの瞳に棲みつくだろう
あなたがどんな孤独をしっても
どんなに孤独を求めたとしても
戻れない道程をずっとともに
ぽとぽと歩き続けることだろう

11
【あなた】へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です