生真面目は褒め言葉ではありません そろそろ上着を脱いだならどう

目に映るすべて愛してみたかった かつてあなたがそうしたように

嘘をつくとき両の目がよるという癖に気づいた私はえらい

目薬を五階からさすチャレンジはギネス記録になるのでしょうか

まなざしは雨が降るとき柔らかく春の予感を呼び覚ましてく

古本屋で再会した「書を捨てよ、町へ出よう」を凝視する夜

前髪が目にかかってる 通り雨 季節はずれの遠雷に寄せ

ヤバくない? 痛くない?マジウザくない? だけで成り立つ会話のつらみ

暗闇の中で唯一光ってた君の目ん玉まるでビードロ

目と目と目 あれおかしいな星々がぎょろりとこちらをご高覧中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です