無添加

この窓は君に続いているだろう 何があっても開けないだけで

三日月を飾ってみるとモミュの木は優しいほうへ輝きを増す

限られた命と知ってなお犯す過ちまでももはや愛しい

駅舎から海が見えると君は言う その水底に私は沈む

寝顔には邪推をしても意味がない みんな天使に還るのだから

優しさは無添加だよと笑う君 私にしたらじゅうぶんに毒

食卓の上に置かれた人形は通電すると走り出します

お疲れの君の隣でお疲れの私も舟を漕ぐ京王線

あと一つ何が一体足りないの 求めただけの虚しさは友

安らかに今は眠れよ明日また狂っていても私が許す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です