灰色

これ以上嘘はつけない幸せになったところでそれ嘘だから

テーブルにとまった羽虫を潰してほんの小さな罪に溺れる

もう誰も思い出さない忌念日が私の手帳にシミをつけてる

笑うしかない僕らには嘆く暇なんてないからもう笑うしか

手編みしたマフラーなんて今どき首に巻いたら絞められそうだ

色のない街に暮らして君だけが私のなかで色づいている

灰色はネズミ色ともいわれるしもう少しだけ可愛くていい

毎日に君を添えたらカラフルになるとわかってパレットを買う

もう嘘はつかない幸せに背中を向けて眠りたくない

一瞬の花火のごとく人生は輝き放ち散るためにある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です