鈴なりの柿をもぐ手の白い様 冬よ二人に早く来てくれ

読書する君の視線がたどる文字 それすら嫉妬する理由だよ

肺呼吸すら苦しいと頑なな君をこのまま抱いてもいいか

赤ペンを握るその手の体温を奪うことなど考えてない

さっきからずっと一緒のその腕に影がないのは何故か教えて

クリームのトッピングまで我慢したから君をもう許さない

溶けてゆくチョコみたいだね君の声 甘く苦くてクセになりそう

もう少し行けば見えるよ果ての地で交わした言葉覚えてるよね

間仕切りはもう要らないよありのまま君を愛すと決めたのだから

嫌だなあ全部あなたの妄想よ 愛なんていつ口に出したの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です