動機

夢を見て夢が破れて夢のなか夢にまでみた夢の世界よ

夏空を誰も見上げず笑ってる ノートの隅が日のあたる場所

あの夜を小瓶に詰めて朝が来ることを嫌がるまぶたに塗った

鐘の音が響いていると君は泣く カーテンだけがゆらと応えた

優しさはひまわりみたい うつむいて朽ちても誰も気にも留めない

空に星 地に海 風が歌う星 私の部屋は何処にもないの

何ひとつほんとのことを教えない それがあなたの優しさですか

今もなお海馬に遺る体温を拒絶するために卵を割る

どうせならちゃんとぜんぶを潰してよ 原型なんて留めないでよ

太陽の子ではなかった私たち それが犯行動機のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です