初夏

ドローンは孤独を壊すためにあるという説だがやはりオバケか

ヒーローになれる方法があるなら三回払いで買わせてくれ

君だけがわかってくれたほろ苦さ 焦げたキャラメル食んで微笑む

水たまり飛び越え進む初夏の道 絶望なんてまだ知らないよ

予報ではにわか雨だというけれど二人時々ケンカのちキス

水滴にまっさかさまに映り込む二人の顔がくっつく瞬間

青春の味しかしないガムを噛む 涙なしでは紙に包めず

文書1 上書きしますか?思い出を 過ぎ去っていく季節とともに

メガネ女子なんて言われて本当は君のほくろをよく見たいだけ

AIに愛とは何か尋ねたら検索途中でフリーズをした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です