花火

新しいファミマが街に増えるたび居場所をひとつなくすのは誰

容疑者と呼ばれた夏も青空で入道雲が威張っていたな

斎場の灯りがついた夜にだけ許しあうこと許してほしい

ビブラートできない鳥は殺してもいいんだよってママが言ってた

手放した瞬間輝きを生む君のこと どこから食べてあげようかしら

ウェディングドレスについた一点の汚いシミが私の残滓

「幸せを探しています」死因だけ求められても困っちゃうから

嘘つきは満月の夜に逝くべきであると信じてあなたを絞めた

私にも虹をかけてよ平等が正しいことだと言い張るのなら

花火には終わりがあるね 美しい終わりがあるね 僕と違って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です