もういっそミックスして

おはようございます、笹塚です。関東地方は先週金曜日、梅雨入りの発表があったみたいですね。今日も空はぐずぐず、時折雨がぱらついています。

昨日、夫と自宅から車で小一時間ほど離れたメモリアルパークへお墓まいりに行ってきました。そこに眠っているのは、ふたりの共通の恩人です。

その方、Nさんが亡くなったのは今から8年前、2011年6月のことでした。この年は東日本大震災が起きた年でした。Nさんとの思い出は、それだけで一本長~い話が書けそうな勢いで濃ゆいエピソード満載なので、いつか書けるようになったらnoteにも書けるといいなと思っています。

お墓参りにしょっちゅう行っているわけではないので知らなかったのですが、最近の墓石っていろいろ凝っているんですね。「〇〇家之墓」「先祖代々之墓」というのはお馴染みですが、昨日見たのは漢字一文字で「慈」「愛」「虹」、好きな言葉として「ありがとう」「風になって」、中には英語で「Eternal Story…」と彫ってあったり。そういうのもなかなかいいよなぁと思いました。お墓に足を運んでくれた人が、故人を想う(偲ぶ)ときに「その人が好きだった言葉」と一緒に思い出すというのって、とても素敵だなと。

私たちがメモリアルパークについた頃はぎりぎりもっていた天気でしたが、徐々にぽつぽつと雨が降り出しました。ふたりでNさんの眠る墓石をかたく絞ったふきんで磨き(水を上からだばーっとかけるのがNGだと知って以来、お墓参り一連の作業ではこれが一番好き)、お花を供えて、最後に手を合わせて近況報告をして。今年もこうしてふたりで来られてよかったねぇ、と帰途につきました。

帰りの車の中で、メモリアルパークにたくさんあった「好きな言葉」が彫られた墓石についての話題になり(墓石を買う予定は今のところまったくありませんが)、どんな言葉がいい? と夫にきいてみたところ、彼は結構即答で

「超絶感謝」

と。いわく、「今までいろいろ味わったしこれからもあるんだろうけど、人生が終わるその瞬間に、伝えたい人に『ありがとう』を伝えたい。でも臨終のときにいられなかった人もいるだろうから、のちのち、きちんと感謝を伝えられるように」とのこと。ほほぅ…。

私はあれこれ考えたのですが、「私の人生を象徴する漢字」かつ「お墓参りに来た人が思わず二度見するような狙い」を勘案して

(笑)

がいいなと思いました。

でも、それだと別々の墓石に彫るのか? とかもろもろ面倒な事案が発生しそうだったので、もういっそミックスして

「超絶感謝(笑)」

でいいんじゃね? 我が家では落ち着きました。繰り返しになりますが墓石を買う予定は、現在まったくありませんことをどうぞご了承ください。。

今日はこれからボランティアで、銀座某所でのイベントのお手伝いに行ってきます。銀座。。久々に行くけど、白金高輪とか六本木、表参道や南青山あたりとは一線を画す雰囲気があると思うの。庶民も受け入れてくれる度量の広さのような(いや、別に白金界隈だって23区外民が遊びに行ってもいいとは思うけれど……なんという身勝手なコンプレックス笑)。

お手伝い開始は12時半だから「ランチは済ませてきてねー」と言われているのですが、これから食べログやRettyで「銀座」「ランチ」「一人」「日曜営業」「安い」を満たす美味しいお店を探そうと思います。

昔むかし、銀座に行った際、ドトールがあったので「おお、大都会の中のオアシスじゃ!」とばかり入店したら、それただのドトールじゃなくて「ル カフェ ドトール 銀座店」という、素敵なお値段のお店だったことがありました。銀座の一等地だからという理由を知り、そういうもんなのかーとお財布を痛めて社会勉強をしたことがありました。

一等地といえば鳩居堂の前が日本一地価が高いんだっけ。今日雨じゃなかったらそちらまで足を延ばして、そこを踏みしめてみたかった。とかいう発想が結構なレベルのミーハー感と庶民感にあふれているのが自分でも安定で愛しいので、雨降りだけど今日もいい日になるといいなー。

ではでは、皆さまもよい休日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です