tremolo

どうしても僕のものにならないのなら、壊してしまったほうがいいと考えていた時期もありました。そんな拙いことを、本気で。

桜色の袴が似合う人でした。卒業式の学長のスピーチなんてまったく頭に入ってこなくて、僕の視線はその桜色に釘付けになっていました。僕は変な汗をかいていました。手のひらがぺたぺたしました。呼吸が浅くなり、動悸はさらに僕の焦りを助長しました。

卒業してしまえば、もう、会えないかもしれない。その事実はひどく僕を焚きつけました。

式が終わって、みんなが飲みに繰り出していきます。あなたが手をひらひらさせて、誘いを断ったのを確かに見ました。あなたは袴姿で、咲き急いだ桜の木の下で、こちらを見てにこりと、笑った。

それはどこまでがどう現実なのか、すでに僕には判別がつきませんでした。

(たとえそれがついたとしても、それはtrèmoloのワンフレーズより儚く、やはり認識するには物足りなかったのです)

僕の腕の中で、あなたは眠ります。眠り続けます。優しい風が、桜の花を揺らしています。僕はもう二度と目を覚まさないあなたを抱きしめて、初めて気づきました。

(幸せ、だ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です