POETRY

Posted on 2018.4.18

食卓

あなたはいつも通り私を脅迫して ときめきを強要するけれど 指示どおりに高鳴るこの胸を どうか今すぐ解剖してほしい 目のイメージ! 黒い目、青い目、赤い目、涙目。 どれも綺麗だから困るんだ (特に、涙は飾りですからね) あ […]
Posted on 2018.4.4

マグカップ(All you need is…)

貴方が寝ぼけ眼で毎朝淹れてくれるコーヒーは、私にとって幸せの香りだ。駅前で買ってくるそれらは、専門店で挽かれてその場で真空パックされる。鮮度を保つために。 私は、たまに貴方を真空パックにしたいと思う。刻一刻といつかやって […]
Posted on 2018.3.21

tremolo

どうしても僕のものにならないのなら、壊してしまったほうがいいと考えていた時期もありました。そんな拙いことを、本気で。 桜色の袴が似合う人でした。卒業式の学長のスピーチなんてまったく頭に入ってこなくて、僕の視線はその桜色に […]
Posted on 2017.12.14

影よ

散々ないがしろにした おのれの影を抱くと そいつはしとしとと泣いており あらためて 可哀想なやつだと思った 鏡で自分を見るとき なるべく微笑むのは そうでもしないと 睨まれることを よく知っているから くたびれた我が影よ […]
Posted on 2017.12.9

血管

こころに血管が通っていたら 私のそれはきっと 太く短くあり それでいて伸縮性に富み 時折ぐるんとうねっては ずどんずどんと感情を吐き出し ぶるると震えることでしょう 寒くて震えるわけではなく 悲しくて震えるわけではなく […]
Posted on 2017.12.6

輝き(命名権)

とぷん、とぷん、 君の心臓は面白い音がするね。 ぐらん、ぐらん、 君の自意識はすぐに揺らぐね。 今まで見てきた星の中で もっとも美しいそれには まだ名前がないんだっけ ぱちん、ぱちん、 どこかで何かの爆ぜる音がしている。 […]
Posted on 2017.12.6

回転木馬を想え

容易く祈ってはならないと あれほど言ったのに お前はまた手を組んで 両目をきつく閉じている その隙に僕は薄氷の上で お前の影を盗むのだ お前がこれ以上何も望まないよう それを拒絶するならば 回転木馬のことを想え まわる […]
Posted on 2017.12.4

オリオン座

沈黙は美しすぎて 怖くなるから破ってしまった 秘すれば咲く花 散りました 夜空に煌めくお星様 今年も出逢えたオリオン座も 無常以上に官能的に 彼方へ沈んでいくのでしょう 置いてかないで 目を凝らしていて 明日まで待てる自 […]
Posted on 2017.12.3

グリーンスリーブス

紅葉が燃えるような美しさに包まれる景色を見た。しかし彼はそれを「葉の色素が死んだ物質の沈殿」としか認識せずに、薄笑いながら鼻歌を歌う。それは確か、グリーンスリーブスだ。 私はその音色にギクリとして、ティースプーンをテーブ […]
Posted on 2017.11.28

ケーキ屋

(1) ケーキ屋の隣に歯医者がある。僕はなんとなくそれを笑っていたのだけれど、君の住む街では病院の向かいに斎場があるらしいね。 (2) 斎場の隣に焼肉屋ができたと聞いた時には、「無神経」の意味を思わず辞書で引いてしまった […]
Posted on 2017.11.22

青と素数

女が感傷に浸り 手首の傷跡をなぞる夜 素数を数えていた男は ふうっと息を吐く それがとても白かったものだから すっかり冬ねとこぼしても 男はメルセンヌ数を逆さにして ひたすら暗誦しているばかり 私は2よ。 孤独の素数。 […]
Posted on 2017.11.14

予報外れ

心にも予報外れの雨が降ります するとわたくしは もう 孤独を知った気になって かさかさの肌の下で とろとろと血が流れているなんて 信じないことにするのです 母から始めて叩かれた日 父から哀れな目で睨まれた夜 わたくしは […]
Posted on 2017.11.6

星座になる

傷を見せ合って 時に舐めあって 浸る感傷にも飾りがついたら 帰るべき場所をやっと見つけた 二人、寂しかったよ 一緒にいても 足し算できない孤独が纏わり付いて 傷をきらびやかにさせたんだ   三拍子から変拍子へ […]
Posted on 2017.11.6

過去形の花嫁

その日は漢字テストで 初めて100点をとった日で ペシミストのお姉ちゃんが 仰々しく祝福してきた 100点なんてなかなかとれないよ 足の指でソナチネを弾くくらい とってもすごいことなんだよ 海老反りをしながら お姉ちゃん […]
Posted on 2017.11.6

「きれい」

ああ、雲が泣きます、怒ります   いままでずっと 大切に持っていた 「!」 を白い包装紙と青いリボンでくるんで あなたに届けます 開けた途端に驚いてください   いままでずっと 大切に持っていた 「? […]
Posted on 2017.11.6

クラゲ

ここから夢方面へ300kmにある 海には少女が浮かんでいます 水母という名前の あるいは海月という名前の ふよふよと 月夜の晩、ハサミを持った青年が 孤独を切り取り海に飛び込みました それは美しい光景でした と、主張する […]
Posted on 2017.11.6

ルルよ

愛猫のルルが旅に出たので 僕もそろそろ身支度を始めます 紫煙の向こう側をそろそろ知らなきゃいけないから 君には暗号だけ残しておきます グリル転置式で解けましょう   貴方からの手紙は 燃やしました 宝物しかない […]
Posted on 2017.11.6

ミックスジュース

ミックスジュースを飲んでみる 悲しくなってグラス割る 1+1を間違える 悲しくなって酒を飲む モモイロペリカン旅に出る 悲しくなって 名前呼ぶ おお そこの君! 忘れものだよ ゴムボール 夜が来てまた朝が来て 期待の次に […]
Posted on 2017.11.6

夏の終わりとマリー

夏の終わりと君のエコーが 重なったときに蝉は逝く 猫はいそいそ秋支度 落ち葉の衣を探してる 澄まし顔した少女が 君のくしゃみに驚いた マリー、僕は無条件に悲しくなる 嘘をついたね また一つ 嘘をついたね とびきり優しく […]
Posted on 2017.11.6

応答セヨ

変わり果てた声を 聞かせたくて歌っています 卑劣な貴方は耳を塞ぐでしょう その論法で何人葬ったの? 犬が果てている路傍で せっかちに盛夏を待つ青年の こめかみに棲みついた妄想は 彼に新しい刃を握らせた 「こちら、天国方面 […]
Posted on 2017.11.6

金魚

例えば真白な紙を渡されて 「お好きに描きなさい」 などと言われたら私の右手は萎縮する また譜面を渡されて 「思うままに奏でなさい」 などと言われたら私の両手は萎縮する 泣くほどのことじゃないから そこで流す涙など欺瞞の塊 […]
Posted on 2017.11.6

あの海

目の前で息絶えた夏を あの海まで連れてった あの日君と見た あの海まで連れてった オレンジ色の車に乗って あの曲を聴きながら 一緒に途方に暮れた あの海は今、 夕凪に誘われて 思考停止中です 空蝉に身を焦がして 猜疑心を […]
Posted on 2017.11.6

私が女の子だったころ

私が女の子だったころ 私にはなんでも空想できて その代りなぁんにも無かったのよ、と彼女は笑った。 彼女に言わせればこの世には 逆回りする懐中時計を 首からぶら下げてブランコを漕ぐウサギがいて いつも寂しい、寂しいとぼやい […]
Posted on 2017.11.6

りるりる

りるりる エイプリルは嘘つきの 夜明けに奏でるドルセラ弾き 甘味はどうしたの もっと求めなさいよ 火星が燃える…! りるりる そんな響きと迂遠した湾岸通りに 夕暮れ夢見る死神ごっこ エイプリル君は 明日何人に愛でられるの […]
Posted on 2017.11.6

パンダの哲学

夕暮れの架線 連なる列車の陰に隠れて パンダが寝っ転がっていた 春風にひらひらと 落ちる梅の花びら見ながら アスファルトの上にごろんと これはもしかして非日常ってやつですか? 口当たりはやや偏屈だが 思ったよりドラマチッ […]
Posted on 2017.11.6

アザミ

笑顔を売るのが得意な道化にきいた 幸せですか だとしたら それは正しいことですか 凛と咲くアザミの白々しさに 息を飲んだ少女の熟した胸元に ゆでたまご研究家が虫めがねを近づける お嬢さん お嬢さん 破瓜を望むお日様の願い […]
Posted on 2017.11.2

万が一

万が一、どこかの偉い人が、 「明日は、月曜日です」なんて言ったら! 君は襟を正して出勤できますか? 万が一、どこかの偉い人が 「明日は、9月1日です」なんて言ったら! 君は宿題を片付けられますか? 万が一なんてことは、 […]
Posted on 2017.11.2

ルルのしっぽ

誰のための眼球か! 考えたこともないくせに 目に映る全てを憎むと 焦燥の中で言い放った君よ アキアカネは憐れむ 眼球のことを心から かわいそうな奴だと そして 君のことを本気で 無知蒙昧な存在だと 優しくなれないのなら […]