OFFLINE

文学フリマ出店情報

今後は
2018年5月6日(日)の「第二十六回文学フリマ東京」に参加予定です。
ブースナンバー:未定
サークル名:rainbow lab


桐崎くん

私が恋したのは、「きりさきくん」。
……「切り裂き」くんに恋しちゃ、ダメですか。
価格:500円、文庫本。

Rainbow after the tempest

中編小説。
こころの病を得て初めて優しさを知った彼と、不器用で泣き虫な彼女の物語。
激しい雨の後にこそ、綺麗な虹はかかるんだよね。
価格:500円、文庫本。

ゆく夏に穿つ

中編小説。
多重人格の青年と、孤独な少女の出会いの物語。
優しい人々に囲まれ、今、二人の時計が動き出す。
価格:500円、文庫本。

砂時計が止まる瞬間、雨がやんだ

中編小説。
「僕とユイは、5月のバラに祝福されて結婚式を挙げました」。
ある青年の妄想と静かな生活を描いた作品。
あの雨の日、突然彼は告げた。虚ろな瞳で、
「君を傷つけるものは皆、殺してやる」と……。
価格:500円、文庫本。

箱庭から歌が聞こえる

とある精神科病院の日常を描いた作品。
「砂時計が止まる瞬間、雨がやんだ」続編です。
価格:500円、文庫版。