「彼」について

悪夢をいざなう(元)精神科医、死体と会話する解剖医、人格がほつれ出した若き刑事、そして天使になってしまった「君」。 彼が、誰の笑顔も思い出せないのは何故だろう。 これは不条理が容赦なく降り注ぐ魔都市・東京で繰り広げられる、どこまでもくだらない舞台だ。「愛の意味」と「正義の定義」を追い求め続けた、愚かな「彼」の顛末を話そうか。

記事がありません。