【掌編】月兎

「君を、抱いていいの」

まるで罪の告白、或いはあどけない脅迫。それは前奏のないポップスのように明け透けだ。

私は許しを与えるように首を縦に振った。

「本当に?」

疑心暗鬼に支配された言葉。信じられないということは一種の弱さだろうに、その証を振り翳して、上擦った声で続ける。

「だって人は皆、失くしたものに執着して生きているでしょう。ラブソングなどを食むのは他に手立てがないからだ。其れが陋劣なのは分かっているよ。それでも、僕の心臓はまだ暫く止まりそうにない」

つまりは、寂しいんでしょう。いいんだよ、別に。抱いても抱かなくても、泣いても泣かなくても。

「知れば知るほど分からなくなるのが恋だとしたら、月兎の目が赤い理由も解せる。しかも、僕は愛について何も知らない」

そう。そうだね、だからきっと、私たちは一緒にいるんだね。

「君を抱いて、いいの」

リフレインは臆病な手つきとなる。いつか私を壊すであろうその指先にそっと触れると、怯えた様子で握りしめてきた。

「……いいの?」

夜の所為にして。その両目で踊る月兎。涙を浮かべて赤くあり、その色彩が私に襲い掛かるまでもう時間がない。

何もかも、夜の所為にして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です