オリオン座

沈黙は美しすぎて
怖くなるから破ってしまった

秘すれば咲く花
散りました

夜空に煌めくお星様
今年も出逢えたオリオン座も
無常以上に官能的に
彼方へ沈んでいくのでしょう

置いてかないで
目を凝らしていて
明日まで待てる自信が無い

なぜ、と問われれば
いいえ、と拒否するほか無いんです

あの瞬間に永遠を望んだ
愚かさを責めるのは冬の風ではなく
他ならぬ己の影であり

煉瓦道を思い出で汚した罰として
私は今一人
独り

それでも――

温める方法も手段もないこの手が
もしも貴方に届くのなら
私はこの夜を越えてみたい

貴方の前でもう一度
笑ってみたいんです

強がりだねといつものように
お願いだから
からかって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です