冬のはじまり

寒いより寂しいが勝っているとまだ貴方には伝えられない

強がりは積もれど雪にならなくて遠くで白が手を振っている

背中から羽が生えても安心だ 君が残らず毟ってくれる

いま君が隣で風邪をひいていることが実は嬉しいなんて内緒だ

クリスマスソングまみれの街に落つ天使はマッチに希望を灯す

錆びついた路傍の鍵に冬を見る 君は確かにここにいたのに

冷え切ったトーストにのせたママレードの気持ちになり謝って

受け取ったものがあまりに多すぎてしばらく歩けそうにない冬

見抜けない嘘は冬のはじまりと教えてくれた嘘つきが好き

濡れたシャツが乾くまでの辛抱だ 世の取り沙汰も七十五日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です