ホットココア

繰り返しお伝えします この僕は君の前では嘘がつけない

寂しいと呟くことが寂しいとホットココアに溶けてく言葉

ため息も白くなってく霜月のドアの向こうに君が待ってる

いつのまに育った気持ちだったのかわからないのは寒さのせいだ

宝くじなんて買わないそれよりも300円でスタバに行こう

もう一度お願いします 肝心なところがうまく聞こえなかった

これからはおやすみなさいの挨拶を一番最後にできるしあわせ

まつ毛にも積もる想いがあるらしく目を閉じたなら君があふれた

青春が助走期間だと気づいたらネオンサインも宝石みたい

今までの痛みよ全て歌になれ この唇から放たれてゆけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です