私が女の子だったころ

私が女の子だったころ
私にはなんでも空想できて
その代りなぁんにも無かったのよ、と彼女は笑った。

彼女に言わせればこの世には
逆回りする懐中時計を
首からぶら下げてブランコを漕ぐウサギがいて
いつも寂しい、寂しいとぼやいているのだそうだ。

地球が丸いなんて嘘よ。
少年の衝動はバスドラムの連打より激しいから。
雨雲が柔らかいのは本当よ。
母のふくよかな手のひらみたいにね。

筋は通さねばならぬが
意味は通じなくても良い
そんなルールを勝手に作って
彼女はよく土曜日に詩を詠む

私が女の子だったころ
ドレミファソはお友達で
ラとシだけがそっぽを向いたわ、と彼女は笑った。

足りない音階を埋める旅に出ようか
逆回転し始めた世界にサヨナラ
きっと明日もカラカラの つまらん晴れになるだろう
よくあることだ、と呟いたのは誰でしょう。

私が女の子だったころ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です