夏の終わりとマリー

夏の終わりと君のエコーが
重なったときに蝉は逝く

猫はいそいそ秋支度
落ち葉の衣を探してる

澄まし顔した少女が
君のくしゃみに驚いた

マリー、僕は無条件に悲しくなる

嘘をついたね
また一つ

嘘をついたね
とびきり優しく

途絶えた物語は絶縁体の盛夏に
青い瓶をまっ逆さまにして
夏の残滓を残らず零す

マリー、冬までには戻っておいで

僕は待っているから
何も読まないで

僕は知っているから
曖昧な君との境界線を

夏の終わりと君の寝息が
交差したときに誰が逝くのか

知らないけれど悲しくなるのは
マリー、君の嘘がまだ許せないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です