あの海

目の前で息絶えた夏を
あの海まで連れてった

あの日君と見た
あの海まで連れてった

オレンジ色の車に乗って
あの曲を聴きながら

一緒に途方に暮れた
あの海は今、

夕凪に誘われて
思考停止中です

空蝉に身を焦がして
猜疑心を覚えたそうです

あの海に夏を葬りました
かつての君の御身の様に

あの海の夕暮れを見ました
あの日の僕らのように

薄れてく記憶が
どうしようもなく心地よくて

鈍っていく感情が
抗えないほど快感で

僕は君を忘れて呆けていく

海ばかりが波を寄せては返し
黙って時をやり過ごしている

嗚呼!

叫べば許される気すらして
僕は緩やかに果てていくのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です