晩秋の傘

のど飴の優しさを知る晩秋にほんのりと死に近づいてみる

思い出よ 積もれ積もれよ落ち葉より軽いからなお悲しさも増す

嘘つきも人が恋しくなるらしくぬくもりのためまた嘘をつく

雨やどりしていいですか今日きっとあなたのために私泣くから

せせらぎを眼下に走る箱根路の渋滞すらももはや嬉しい

風船を手放した日に少年が耳にしたのは「じゃあねバイバイ」

夕映えにインスタ映えを重ねたと隣で咳をする人に告ぐ

誰かさんが見つけた秋も深まって行方不明になってしまった

セアカゴケグモやヒアリもこの国の冬に馴染んでイルミネーション

数知れぬほどの命を食んでなお生きる意味なら鈴虫にきけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です