【掌編】Amour

「ああ、あの子なら先日、天使になっちゃったよ」

苦笑混じりのその言葉に、僕は持っていた花束を薄汚い廊下に落とした。

「先日って具体的にいつですか」

やや責めるような口調になってしまうのが自分でも悔しい。
『白衣の天使』は事も無げにそれをあしらい、

「水曜」
「え」
「大きな笑い声が聞こえたかと思って様子を見に行ったら、もうあの子は……」
「結構です」

もう、結構です。

僕がその場にいたら、彼女を引き留められたかもしれない。……タラレバは意味が無いけど。

 

 

彼女を追いかけていこうとも思った……、が、僕にはそこまでの勇気も誘惑も無かった。

彼女が『サイゴ』の時を過ごした場所を、僕は花束で汚してしまった。

 

モーツァルトの『怒りの日』を思い出した…

 

君はいってしまったんだね。

言ってしまったし、
行ってしまったし、
逝ってしまったんだね。

「伝言なら預かっているよ」

白衣の天使が面倒そうに言う。でも僕はその言葉に食いついた。

「伝言?」

「『私に早く名前をつけて』」

は?
ネバーエンディングストーリー気取りか。
ここにはファルコンもバスチアンもいない。

 

僕は叫びたい衝動を我慢して、白色の箱庭から駆けだした。
僕の頭に晩秋の鈍い西日が射した瞬間、大量の乱数と共に、彼女の言葉が、心が、想いが伝わってきた。

 

 

 

……かつて愛した貴方へ

私は恐れるものが無くなり、失うものも失い、ついに自由から逃げられなくなりました。
すなわち、私自身が天使であるということを、他でもない私が自覚してしまい、
私は殻を破らざるを得なくなったのです。

人間を愛した罪は自分で裁きます。

さようなら、さようなら、あなた。
こんなに天気がいい日に旅立つのは貴方がいてくれた、その所為よ。

最後に下手な貴方の口笛が聞きたかったです。

 

 

 

葬列が見えた。
少女の遺影が日を照り返した。
神妙且つ沈痛な面持ちの行列が疎ましく感じられた。

 

僕は葬列に紛れるようにして黒衣の衣擦れの音に、口笛を重ねた。

 

 

ムーンリバー…

ムーンリバー。1マイルより広い川
私はいつか向こう岸に渡ってみせるわ。
ああ あなたは私に夢を与える。
そして傷つけるのもあなた。
あなたがどんな所に流れて行こうとも
私はあなたについていくわ。

2人のさまよい人。岸を離れていくわ。
世界には こんなにも見るべきものがあるのよ。
私たちはきっと一緒になれるわ
あの曲がり道のあたりの虹の向こうで。
私の幼なじみ。ムーンリバーと私

 

 

さようなら、さようなら!

 

 

二度と開かれない君の唇を思っては、幾千もの命の散り生まれまた果てる、その輪の金色を思っては、僕は途方もない気分になるのでした。

僕は、ただただ音の掠れる口笛を、吹くことだけを許されたのです。

 

音痴な鎮魂歌
若しくは
他人様の子守歌

ああ、ああ、ああ、本当に、あの子は天使になっちゃった。

 

葬列が消えていく。
君は今から紅に身を焦がす。

君がそう望むなら、名前をつけてあげよう。

「……amour」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です